急増中!新しい夫婦の形、家庭内別居

最近は女性もどんどん自分の立場や地位を向上させようとしていることで、威張りたい男性にとっては居心地が悪い社会になってきているかもしれません・・今までの日本は男が外で働き家族が生活するためのお金を稼いでくる、女性は家庭を守り家事や子育てをするのが一般的な家族の形でしたが、今はそのような家庭の方が少なくなっているのかもしれません。家事も子育ても夫婦で行いどちらか一方だけに負担が偏るのは不公平だと思う女性が増えたのは事実です。

男性は外で仕事をし女性は家事と子育て、パート・・徐々にお互いのやるべきことがどれなのか、どこまでなのかの線引きがなくなりそれが原因で衝突する夫婦が増えてきたようです。離婚件数も年縁増加し手いるのは事実ですが、籍は入れたままで家庭内での別居をする夫婦が急増しているそうです!顔も見たくないはずの相手と一つ屋根の下で暮らすと、別々の生活をしていてもか気になりますし、行動がいちいち目につくのではないでしょうか?それでも、家庭内別居を選ぶ夫婦にはそうした方が良い、そうしなくてはならない理由があるからなのです。

まだ子供が小さく何かと両親がそろっていないと世間の目が気になる時期だったり、経済的な理由で別に家を買う、借りることが出来ない、離婚するかはまだ分からないが冷却期間として家庭内別居を選んだ、両親、親戚の目を気にして離婚できない、職場に離婚の事実を知られると面倒なことになる・・様々な理由から家庭内別居をしているようですが、実は離婚よりもお互いストレスが溜まり、一緒に暮らしている家族の負担も大きいという事実があります。もちろん、離婚した方が良いとお互い分かっていてもそうできない現実的な問題があるので仕方がなく一緒に住んでいるようです。子供にとっては安らぎの場所であるはずの家がぎすぎすしているなんて、居心地が悪く離婚してもらった方がずっと良いと思うかもしれません。

家庭内別居になるまでには何度となく喧嘩や話し合いがあり、その後の関係が修復され元通りになることはほとんどないのが現実です・・家庭内は冷め切っておりストレスが溜まる場所ではありますが、傍から夫婦関係が破たんし別々の生活をしているなんて分からないのがこの夫婦の形のメリットなのかもしれません。何もないように見える家庭でも意外と家庭内別居状態にあるなんてことが多く、離婚に踏み切れないまでも夫婦としての関係は冷め切っている人たちが身近にもいるのかもしれませんね。